2009年08月25日

Twitterが自分に合わないと思った人向けのつぶやき型サービス3つ

初心者向け記事がいっぱい出回るほど敷居が高い(と思われがちな)Twitterですが、無理矢理参加することもないと思うのです。
他にも楽しいつぶやき型マイクロブログサービスはありますので、自分の目的にあった物を選んでも良いでしょう。

●何を話したらいいか分からない
●つぶやいても反応が全くなくてつまらない
●フォローしないと発言が見られないって面倒
こういう方にはSerendがおすすめです。
serend.jpg
SerendはTwitterの対抗馬と称していますが、本質は全然違います。
どちらかというと、発言小町をリアルタイムにして文字数制限を設けたもの、と思います。
トピック制なので、自分が発言主になれて、それにどんどんコメントが付きます。
OL,主婦の比率が高いそうで、あたたかい雰囲気です。
FollowやMention(@付き発言)の概念がありません(お気に入り機能はある)ので個人対個人より、話題毎のやりとりが盛り上がる仕組みになっています。
未読数表示があるので中毒性が高く、サイト滞在時間は長くなっています。
しゅうまいのページ:Serend(セレンド) | しゅうまいさんのページ

●同じ趣味の人と出会えるコミュニティ機能が欲しい
●いろんな人がいるサービスがいい
こういう方にはWassrがおすすめです。
wassr.jpg
WassrはTwitterの機能に加えて、チャンネルというコミュニティ機能があります。(「ついっこ」より使いやすく分かりやすい)
ユーザー層は想像ですがTwitterのユーザー層と被っていると思います。
そのため、Twitterが落ちたときの避難場所として活用されています。(勝間和代さんも登録されました)
Wassrのもう一つ良い点として、Twitterの★の代わりに「イイネ!」機能があります。これは誰が押したか・何人が押したかが分かるので、発言の人気度がよく分かる上に、押してくれる確率が高いので、反応があるという点で嬉しいです。
しゅうまいのページ:しゅうまい - Wassr [お気軽メッセージングハブ・ワッサー]

●ライフログとして記録を付けることをメインにしたい
●付けた記録を再利用したい
●フォローしなくても楽しみたい
こういう方にはTimelogがおすすめです。
timelog.jpg
Timelogは非常に多機能なのに洗練されたUIにより、使いやすいサービスです。
特に特徴的機能として「集計」があって、私はレコーディングダイエットに使用していました(最近サボりがち)
また、つぶやきに「タグ」を付けることができるので、例えば「ドラクエクリアしたー」というつぶやきに「DQ9」「ドラクエ」といったタグを付けることにより、パブリックタイムラインからの話題検索が容易です(Twitterのハッシュタグと同等機能)
コミュニティ機能はコミュ数を少なく抑えるようにしてあるので(コミュ作成は有料・または一定条件を満たすと無料)、話題が拡散せずに済むようになっています。
自分の過去の発言を種類別(ブックマーク、集計、など)に見ることもでき、日記的に使うのも使いやすそうです。
しゅうまいのページ:しゅうまいのページ - 今をメモする「Timelog」

いろいろ紹介してみましたが、そうは言ってもTwitterはやっておいて損はないと思うんですよね。
感覚的には、TwitterのID=インターネットのメールアドレス、他のサービスのID=パソコン通信のメールアドレス、くらいな気がします。
周りの人が始めるには、あと数年かかるかもしれませんが、そのときにやり始めるか、今始めておくか、選択権があります。
でも、今はTwitter難しいなぁと思ったら、上記のサービスでつぶやき型サービスに入門して楽しんでみてはいかがでしょうか。

shumaiをフォローするツイッターでコメントする


posted by しゅうまい at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。