2009年11月24日

Microsoft Officeのそっくりさんな激安オフィスソフトKingsoft Officeがおすすめです

最近勉強会などでLT(ショートプレゼン)などすることになり、まさか自宅でパワーポイントを使うことになるとは思っていなかった私。
家のPCにはExcelとWordしか入っていないのです。(パワーポイントが入ると値段が高かったから)
そこで役に立ったのがKingsoft Office 2010という激安オフィスソフト。(OSはWindows用です)
別にパワポだけで良かったのですが、表計算とワープロも入ってて5,000円くらいです。(Amazonだと更に1,000円くらい安い)※更に楽天市場で最安値を発見しました!

オフィスソフトなら完全無料のがあるじゃない?と思われるかもしれません。
もちろん無料のオフィスは使ったことありますよ。でも、会社で使っているのとは別の操作のメニューとか覚えるのが面倒です!
Kingsoft Office 2010 の最大の特徴はMicrosoft Office 2003 のそっくりさんであること。新しく覚えることがほとんどありません。

kingsoftpresentation.jpg

もちろんファイルの互換性もかなりのもので、MS Office との往復編集も可能でした。私個人では困ったことがありません。(互換性がどの程度なのかは私の使用レベルでは全ては分からないですので公式ページからダウンロードできる無料試用版でお確かめください。)

そのため、例えばずっとMS Officeを使い続けて来たのだけれどOffice 2007 のリボンインターフェイスに慣れないという方にも向いています。昔のOfficeの方が生産性が高かったのに…と思ったら、検討の余地ありです。
私も新しいExcelのリボンインターフェイスにはどうも慣れることができず、私用ファイルではKingsoft Spreadsheets の方を良く使っています。

最近ではテレビ東京系のワールドビジネスサテライト(WBS)でも取り上げられました。([WBS][動画]中国企業を選び始めた日本人:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京 動画 5分05秒あたりから)
実はKingsoft Officeは元々は中国製。安くてデキの良い、チャイナパワーの逸品です。

使ってみて気づいたこと:
当然ですがVBAマクロは動きません(VBA版というのがありますが、それでも動かなかったのでStandard版がおすすめです)
ExcelのピボットテーブルはOffice 2007と同じユーザーインターフェース。少し慣れが必要でした。
PPT形式のGoogleドキュメントへのUploadは不可でした。ファイルが壊れているとエラーになります。でも、代わりにSlideShareではPPTを公開可能です。
PDF出力機能が標準で付いて来ます!
オフィシャルで買うよりAmazonの方が安い!

とにかく、家でファイルをちょこちょこっと直すだけのために高いオフィスソフトを買ったり新しいソフトを覚えたりしたくない方も注目なのです。

たぶん国内最安値!楽天市場のイーサプライズダイレクト



Amazonではこの値段です。


USBメモリー版もあります。CD-ROMドライブが無い方はこちら



@shumaiをフォローするツイッターでコメントする
posted by しゅうまい at 20:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | ライフハックもどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ
KSOで VBAの使用/VBからの呼び出し について
研究している1ユーザです。

VBAに関しては、
KSO→MSOでエラーとなった場合、マクロエディタの
[ツール]→[参照設定]で"Kingsoft Office 1.0 Object Library"
のチェックを外して保存してからMSOで開くと動くことがあります。
ただしKSOで開くとまたチェックONになるのでOFFし直してください。

MSO→KSOでエラーとなった場合はまだ調査中ですが
MSOの何かしらオブジェクトがチェックONで"参照不可"状態
かつKSOの上記のオブジェクトがチェックOFFなら、
"参照不可"をOFF、KSOオブジェクトをONしなおせば動くかもしれません。

また、既存資産ではなく新規作成する場合は
WindowsAPIをメインに使ったVBAを組むとKSOでも問題なく動くことが多いです。
(OfficeのオブジェクトメソッドではなくOSのAPIを呼ぶため非互換はありえない)

なお現時点でKSOで絶対に実行不可能なVBAは、
Excel本体上部にユーザメニューを追加表示するようなマクロです。
業務アプリ系Excelによくあるパターンですが、
これも新規作成する場合はユーザメニュー追加ではなく
シート上にボタン、クリックでフォーム表示という形にすると互換が取れます。

長文でしたがご参考までに...
Posted by tkpi at 2009年11月26日 22:25
tkpiさん、詳しい書き込みありがとうございます!
私の動かなかったVBAはExcelのボタン等を使いまくっていたのがいけなかったのでしょうかね。
ちょっとずつ試そうかなと思います。
Posted by しゅうまい at 2009年11月27日 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133807450
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。