2009年12月21日

島宇宙な私たちをつなぐGirl Geekというキーワード(東京ガールギークディナー)

※Girl Geekとは…Girlであるより先にGeekな人種のことです(今てきとーに言ってみた)

東京ガールギークディナー(Tokyo Girl Geek Dinner)第2回に参加してきました。
http://tokyogirlgeekdinners.wordpress.com/2009/12/19/tokyo-girlgeekdinner-vol-2-1219/

毎回やばいですぞ!このイベントは。
招待ゲストboys以外は全員女性なのは当然として、普通にPHP,Python,Javaやってまーす(うふ)Androidのアプリ作っちゃいましたー(キャハ)BOT作ってます(オーッホッホ)みたいなノリで、iPhone+Android率はもちろん高いし、大きな声では言えないけど今をときめくネット企業社員の参加も複数あり、ヒトコトでまとめると何だかすごい集団です。

例えばプログラミング言語別勉強会とかだとその話題を深く語る感じじゃないですか。(もちろんそこから話題や出会いが広がることもありましたよ)
でも、ジャンルはどうでもいいけど自分がちょっとでもギークな女子だと思ってれば参加して良いよ!とすると、想像以上に色んな人が集まっちゃうのですねぇ。
んー面白かった。
技術がテーマでも議論や解答を求めるのではなく同意・同調に基づくコミュニケーションは女性脳にはとても居心地が良いのです。

タイトルに書いた「島宇宙」は(特に若者の)文化が細分化し、それぞれの世界が隔たることを意味しています。
ネット時代は趣味をどんどん深掘りしてディープな方向へのコミュニケーションは容易になっていく一方、自分で意識しないと他のジャンルの人たちとはふれあわなくなっていく傾向にあると聞きます。

そこに来て、Girl Geekというのはほどよく思考が近くて、かつ、自分が知らない周辺情報を知ることができる仲間であるという、ナイスなキーワードです。
こういうジャンルまたぎな面白い交流が広がる場所というのは大切なことです。
Girl Geek Dinnersを日本に輸入してくださった(世界中に支部があります)Lhugaさんに感謝なのです!

参加者はどんな人たちなの?って気になったら、こちらのリストをフォローしてみたらいいかも。
一見普通の女性っぽいけど奥からにじみ出てくるGeek成分が隠せないGirlたちです。(私もだよ)
http://twitter.com/TokyoGirlGeek/tggd-2/members

他の方のイベントレポもどうぞ:
lhugaさん(主催) 第2回東京ガールギークディナー - Vox
↑「3回、4回と続けていくので 今回来られなかったガールズも次回はぜひ巻き込まれてくださいね。」とのことで、今後も注目です!
hayashihさん 2009-12-19 - hayashihがOSをインストールする日記
↑無限タンドリーチキン!確かに!全料理辛かったし。会場はWifi完備の「インド料理店」でした。BGMはなぜかテレサ・テン。

Geekってちょっと敷居高いかもって思った女子!
私のブログをわざわざ見に来ているということはたぶん大丈夫です。
256は2の8乗だわって分かる人はノー・プロブレムよ。

【追記】
イベントの模様が写真入りでL-Cruiseに掲載されました。私もちょっと写ってます。
盛り上がった 東京ガールギークディナー - L-Cruise - 日経トレンディネット

shumaiをフォローするツイッターでコメントする
タグ:#TGGD
posted by しゅうまい at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。