2010年02月09日

朝がつらい人のためのオススメツール&ライフハック

みなさん、朝パっと起きられてますかー。
無理ですよねー!!

私は低血圧すぎて会社に入社時の健康診断で血圧計り直しになったことがあります。
上が100無いことも多いので(下が60無いことも)本当に朝はつらく、「朝は爽やかだから好き」と言う人が信じられないくらいです。

それでも朝起きるために、私が長年かけて蓄積したノウハウやツールをまとめてみました。

〜モノ編〜
まずはツールに頼っちゃおう。
強力振動目覚まし ★特にオススメです!

【送料無料】どんなお寝坊さんでもこれじゃ起きる!?≪ビッグタイム 振動式目覚まし時計≫
これは超強力なバイブレーションで枕の下から頭をゴゴゴゴゴ…と動かして起こしてくれる目覚ましです。
耳の聞こえない方のために作られたようですが、ねぼすけにもお役立ちです。
とにかく強力で、携帯のバイブレーションなどと比較になりません。
うっかりフローリング床の上に置いて試運転したところ、あまりの振動で飛び上がりました。
「目覚ましが鳴っているのが聞こえなくて寝坊」タイプの人におすすめです。
コンセントから電気を取りますので電池切れもありません。(バックアップ用電池も入れられるのでコンセントを引っかけてしまっても大丈夫)

電波時計ベル音目覚まし

朝が苦手な方にお勧め〜大音量ベルアラーム付〜CASIO (カシオ) 置時計DQD-350J-8JF
時計がずれていて寝坊!といった事態が起きないように、電波時計は大事です。
24時間時計というのも重要で、7時のを止め忘れて19時に鳴り出すということがありません。
私は電子音の目覚ましは「聞こえない」ので、ベル音のものが好きです。

カウントダウン目覚まし

出発までの残り時間をカウントダウン朝専用 モーニングカウントダウン クロック
家を出るまで、「あと○分です」と言い続けてくれます。
起きてもぐずぐずしてしまうタイプの人に向いていると思います。

タイマー付き電気毛布★特にオススメです!

SANYO 電気毛布 掛敷両用 (188×137cm) ベージュ BKS-PDC203-C
今時の高性能な電気毛布は睡眠サイクルに合わせた温度調整をしてくれます。
寝る前に少し温度が上がったあとは低めになり、予め設定した朝起きる頃にまた温かくなります。
体が暖まっていると起きやすいですよ。
不思議なことに、布団の外が寒いので出られない、という状況にならなくなります。
特につま先が冷血動物のように冷たいということがなくなる点が良いです。
この機種は春秋モードも付いており、ちょっとだけ寒いときにも、一年を通じて長く使えます。
毛布部分は自宅で洗濯が可能です。

眠眠打破

 眠眠打破 50ml*10本
絶対に遅れてはならない時には、枕元か目覚まし時計の近くに眠眠打破を置きます。
寝る前に、起きたら眠眠打破を飲むと強くイメージしておきます。
目覚ましが聞こえたら意識のはっきりしないうちでも問答無用で飲みます。
そのうちにちゃんと目が覚めてきますので、うっかり二度寝してしまうというリスクが軽減できます。
常用すると慣れてしまいそうなので、ほどほどに。

トメルミン

 トメルミン 6錠【第3類医薬品】
これもカフェインですが、トローチ状でその場で口に入れるだけでOKです。
朝だけでなく、日中の会議中などの眠気にはこれが使えます。ペンケースの中に1つどうぞ。強いミントの味です。

〜行動編〜

朝の勉強会に参加
早起きするモチベーションになります。今は朝の勉強会ブームなので探せば自分が通えそうなものが見つかると思います。なければ、自分で開催してしまいましょう。
友人と外で美味しい朝食を食べるのは楽しいものです。

早く寝る
本来の睡眠時間から不足している場合は、驚くほど朝起きるのが楽になります。
私はロングスリーパーなので、深夜の楽しい時間帯を過ごすことを諦めるようにしています。
試しに22時台にお風呂に入り、23時より前に寝てみて下さい。

次の日のものは全て準備
必要なもの、着るものなど全て準備しておきます。
明日は○○を着て○○をするんだ、など脳内で具体的にイメージすることにより、朝起きなくちゃという意識に持っていきやすいです。


以上、実際には実践できていない時もありますが(人間ですから!)、このような感じで、低血圧で冷え性の自分を攻略しています。
少しでも朝起きられるヒントになれば幸いです。

shumaiをフォローするツイッターでコメントする
posted by しゅうまい at 21:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | ライフハックもどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も朝は弱いのですが
朝、エアコンのONタイマーを起きたい時間の
60−30分前にセットしておくと
喉が乾燥してイヤでも目が覚めます。

普段乾燥や、結露がイヤで暖房をつかっていないのでできることかもしれませんが。

ドリンク剤は、眠眠打破よりもメガシャキのが私にはあっているようです。
Posted by pao at 2010年02月11日 12:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。