2009年09月26日

新型ポーケンPoken pulseの実物を見てきたよ!

デジタル名刺交換ガジェットのPokenですが、今度Poken pulseという新型が出るのは既にご存じの方も多いと思います。
・デザインがキャラクター性を除いたシンプルモデル
・2GBのUSBメモリーにもなる
・本体保存名刺交換人数の上限(現在64人)が事実上無くなる
というわけで、ビジネスや大規模イベントでも使えそうな仕様になっています。
pulseの登場に伴い、従来のキャラクター型Pokenは「Poken spark」という名称になるそうです。

で、先日とあるイベントにお邪魔した際に、実物をアコニの方に見せていただきました。
これ!(写真は暗いところでiPhoneで撮ったのできれいでなくてすいません)
pokenpulse.jpg

え、小っちゃくない?!
そうなんですよ。てっきり手のひら部分は従来のと同じサイズだと思っていたのですが、サイズが違いました。
思ったよりコンパクトでスッキリしていて格好良かったです。

今申し込むと送料無料(レジの最後で送料が差し引かれます)で、10月初旬に届くそうです。
Poken SA (Switzerland)


まぁ私は自分でデコったオリジナルPokenに未練があるので、キャラクター型も引き続きおすすめですよ。


私が書いた他のPoken関連記事もご参照ください
これからPokenを始める人が知っておいた方がお得なこと
Pokenで70人ほどハイフォーしてみての感想と使いこなしポイント
posted by しゅうまい at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Poken情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

これからPokenを始める人が知っておいた方がお得なこと

Poken(ポーケン)のハイフォーが100人を超えた記念に、今までの経験からのPoken入門用まとめ記事を書きます。(Pokenとはみたいなのはオフィシャルを見てください。)
s-decopoken.jpg

<心構え>
■とにかくPokenがちらりとでも見えたら気軽にハイフォー(タッチして情報交換すること)を申し出ること。遠慮は無用です。
■かわいい女の子とハイフォーするときでも思わず手を握ったりしないこと。マナーは大切です。
■1回ハイフォーした程度で満足しないこと。同じ相手と何度しても良いのがハイフォーです。(自分のカードが再度上の方に来るというメリットあり)
■ハイフォーする機会は自分から探そう。オフ会や勉強会で持っている人が増えているみたい。(あとオフィシャルのMeetUpカレンダーもチェック)

<ハイフォーテク>
■緑ランプつきっぱなしの時は一度クリック、赤ランプ点灯時も一度クリック。ハイフォーしたつもりでできてなかったら痛いので毎回確認のこと。
■5秒長押しするとGlowモード。ちょっとウケる。でも電池の無駄遣いになるのでほどほどに。
■オフ会などではネックストラップで首からさげてハイフォー待ちを積極的にアピール。腰より首がいいです。
■電池はマイナーな部類のボタン電池(CR1632)なので予備持ちがおすすめ。

<パソコン取り込み>
■帰宅したらその日のうちにパソコンに取り込もう。記憶が新鮮なうちに。名刺整理と同じ。
■vCard形式でのエクスポート機能を使いこなそう。(過去記事:Pokenで70人ほどハイフォーしてみての感想と使いこなしポイント)でも今のところダブルバイト文字(日本語)は化けるなど弱い点もあり。
■取り込み中にキャップ(人形)をなくさないように注意しよう。置き場所を決めておくこと。
■見るだけの時(取り込まない時)はPokenは挿さなくてOK。ユーザー名orメアドとパスワードでログイン可能。

<自分のカードの設定>
■メアドだけではさみしい。ブログやSNSはあなたの名刺。是非設定しよう。
■顔写真を載せましょう。実際に会って顔を見ている人にしか見られないので思ったより安全です。これ誰だっけ?になるとカナシイ。
■TwitterのIDはマストアイテム。9割以上の人がTwitterを登録しています。継続的なお付き合いのために公開しましょう。

<カスタマイズ>
■人と同じPokenじゃ嫌だと思ったらカスタマイズにトライ。シールやラインストーンを付けるのが一番簡単。(過去記事:Pokenをデコってみた
■USBキャップに何かをかぶせれば、オリジナルPokenのできあがり。自由な発想で作ってみよう。記憶に残ること間違いなし。
実例: 黒羊工房さん(痛Pokenを作りました - 黒羊工房

<分かったこと>
■本体内メモリーの上限64人はよっぽどのことがないと超えないと思われる。ゆるゆるガジェットナイトという保持者率の異様に高いイベントで何時間も延々やっても40人程度でした。怖がる必要なし。(保存できるコンタクト数が残り4つ以下の時はLEDがオレンジ色に光る)
■やっぱり名刺交換と同じで、気に入った人とは積極的に絡むとハッピー。その敷居をとても低くしてくれるのがPoken。
■URL告知専用にPokenを2個持ちの人もいてグッドアイデア。
■なんかAPIがあるらしいです。申請すると開発用コードもらえるとか。(日本公式に言うとスイスに通してくれるらしい)
■中の人に色々アイデアを言っておいたので、1個くらいは実現するかな?わくわく。
■Pokenをカスタマイズして楽しんでいるのは日本人くらいのものらしい。日本人最高。

<これだけの種類があります>
■Poken本体は1500円以上なので送料無料です。ついでに電池も入手しておくと良いです。
■ちなみに、虎さんにはオス・メスあるのでカップル持ちにオススメ。キャラクターは今後も増えるそうです。



電池


最後に、
Pokenは一時の流行ですたれる系のガジェットかと思う人もいるかもしれませんが、長く使える良いアイテムです。日本に初めに紹介されたのが今年の春だから、半年くらいで使っている人がずいぶんと増えたような気がします。(公式な販売数は非公開)
しかも飽きるってことがないような気がします。新しい人と出会うことに飽きる人っていますかね?
私は人の顔が覚えられない人なのでPokenには、もう随分と助けられている気がします。これぞ私の脳を拡張してくれる補助記憶装置!なのです。
posted by しゅうまい at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Poken情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

Pokenで70人ほどハイフォーしてみての感想と使いこなしポイント

【ポイント】Poken→vCard→CSV化→Gmail連絡先インポート→Twitter一括フォロー

ブログ開設しょっぱなのエントリからPoken(ポーケン)の話題を出してしまったので、今更ですが、Pokenの説明です。
Pokenとは小さな人形型のアクセサリで、互いに手のひら同士を触れると名刺交換ができる、「ちょっと新しくて楽しいデジタルガジェット」です。
やることは携帯電話同士での赤外線通信によるアドレスのやりとりに一番近いです。
私はiPhoneなので赤外線通信が無いので、みんながアドレス交換をやり始めると所在無げになってしまう残念な人です。
でも、Pokenがあれば大丈夫ー。←相手が持ってないとダメですよ

実は、私も最初は興味はあったものの、「やる相手がいないとダメじゃん…」と一旦は欲求を引っ込めました。
しかも、「あぁいうのは、有名人とかイベンターとか、社交範囲がむちゃくちゃ広い人の専用なんじゃ…」とか思ってました。
だがしかし、普通のオフ会に参加したときに、たまたま売っている方がいらっしゃって、購入してからはハマりました。
買ったその場でハイフォーできる相手がいるというのは重要です。
なるべく、友だちと一緒に買うか、そういうイベントに行ってその場で買うのをオススメします。

●家に帰ったらやること
ハイフォーしまくった後は、家でPokenをキャップ(人形)から引き抜き、USBポートに挿します。
現れたディスクドライブを開くと、Pokenのサイトにログインできます。
ログインしたら、ハイフォーした人たちが下からせりあがって表示されるので、Keepを押しまくります。(まさかDiscard押さないよね)
その際に、タグを付けることができますので、xxOffMtgみたく適当なタグ名を付けておくと良いかもしれませんが、まだタグの有効活用方法がよく分かりません。

新しくハイフォーした人をKeepしまくったら、Twitterのフォローや各種SNSのフレンド申請を行います。
Twitterは誰をフォローしても良いので無差別に行います。SNSはちょっと仲良くなってからかな?
残念ながら現在のデータエクスポートではTwitterのIDは入ってこないので、フォローは手動で行う必要があります。
(ただし、相手がTwitterで使うメールアドレスを登録してくれている場合は、Gmailなどのメール連絡先からのフォローができます。後述)

●データ活用法
それでは、私のPoken活用方法ですが、まずはvCard形式でのデータをダウンロードするところから始めます。
「これらのフレンドをvCard形式でダウンロード」をクリックすると、contacts.vcf というファイル名のファイルがダウンロードできます。
名前は固定なので、日付を付けておくと良いと思います。 例)contacts_090726.vcf

私はExcelで管理するのが好きなので、vCardからExcelに変換できるツールを使います。
vCard Pro (薫衣草:ラベンダー) Excelアドイン版
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/net/se359346.html
アドインなので「ちゃんと説明書を読んで」使ってくださいね。難易度ちょっと高いし独自メニューとかあります。

データが見事Excel(CSV)に変換できたら、最初にやることは文字化けの対処です。
現在はダブルバイトの文字は全て化けてしまって???になっているはずなので、Pokenのサイトを見ながら、データの方を直します。
※この文字化けについては対処を検討するように日本公式からスイスに報告してくださっているようです。

次に、データにTwitterIDの列を追加します。
TwitterIDを書いておくと、この人誰だっけ?がかなり防止できると思います。Twitterのプロフは短いので、他の情報を結びつけられるようにしておくと良いでしょう。

次に、Gmailの連絡先にCSV形式にしたアドレス一覧をインポートします。
変換したvCardには余計な列が多数含まれていますので、メルアドや名前や会社名・電話などに列を絞ると良いと思います。

Gmailの連絡先に、全員のアドレスが入ったら、Twitterの友だち検索をやると良いでしょう。
「友だちを検索」→「他のサイトで検索」→「Gmail」→GmailのアドレスとGmailのパスワード入力→「続く」ボタン→○人がついったーに登録しています。と出るので、チェックボックスでフォローしたい人を選んで、「フォローする」ボタン
これにて、一気にフォローが可能です。(Twitterに登録しているアドレスを公開してくれた相手に限ります)

●感想
最後に使ってみての感想ですが、これは楽ちん!名刺が足りなくなるってことがない。(ただし本体内に1度に記録できるのは64人までとのことです。こまめに「吸い出し」を)
後から自分のブログやSNSの追加もできちゃう。
なんといっても、ちょこっと話しただけの人と、その場所が終わってからも会話することが可能というのが大きいですね。
初対面というのは何かと無難な話題になりがちですが、PokenしてフォローしたTwitterではとんでもなくマニアックで楽しい方々という場合もあります。

あと、婚活中の方には「自然な出会いと継続的なお付き合い」を加速させてくれるツールとでも宣伝しておきましょう。これは昔のポストペットにやや似ていると思います。
とりあえずハイフォーしまくっておいて、後から好みの合う人を見つければ良いんです。
腹の探り合いから始まる合コンに出まくっているよりも効率的かも?!
Poken婚(ポケコン)が生まれたら素敵ですね!



●リンク
Poken Japan http://poken.jp/ja/
@pokenjapan http://twitter.com/pokenjapan
posted by しゅうまい at 22:16 | Comment(0) | Poken情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Pokenをデコってみた

デジタル名刺のPoken(ポーケン)を持っているのですが、同じキャラが人とかぶる!特にキツネは人気なのかかなりの確率でかぶります。
だいたいあれでしょ?Firefox使ってるからキツネなんでしょ?自分もだよ!!

というわけで、その辺に放置しても見分けがつかなくならないように、自分だけのPokenにカスタマイズすることにしました。
まずは手近なビーズ屋さんに行きました。

そこで発見したのが、後から剥がせるベースコート。ネイルでも同じやつはありますが、これは携帯電話用のようです。
IMG_0216.JPG
商品名は「デコクリア」572円でした。
これで、失敗してもOKだし、飽きたら張り直しOKだ!
よく確認しないで買ったらラメ入りでしたが、それはそれできれいです。

ついでにあると便利なのが、「マジカルチップ」という先に付いた特殊なスポンジでラインストーンを1粒ずつつまみあげられる不思議なスティック。
IMG_0252.JPG
不器用さんには必須です。420円。

飾りについては、私が買ったものは以下の通りです。
スワロフスキー #2028 クリスタルオーロラ 2.5mm
スワロフスキー #2028 ローズオーロラ 2.5mm
スワロフスキー #5744 ライトシャム 5mm (キャップ側の耳に付ける用)
IMG_0220.JPG


ものの準備が整ったら、いざデコります。
まずは、ベースコート塗り。1度塗って20分たったら、2度塗りして、1時間以上乾燥させます。
ベースが乾いたら、手の丸いところの円周に沿って、ボンドで2.5mmのストーンを付けていきます。
人形部分にも飾りを付けたいので、耳にお花の飾り(5mm花型)を付けます。

できあがり!
IMG_0221.JPG


私はネイルアートやビーズアートを全くやったことのない人間なのですが、何とか作ることができました。
これからデコされる方の参考になれば幸いです。
タグ:デコ Poken 名刺
posted by しゅうまい at 14:13 | Comment(0) | Poken情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。