2010年12月31日

2010年ブログ記事アクセスランキングTOP10

2010年も終わろうとしています。今年のアクセス数ランキングを集計してみました。
どんな記事が人気だったのかな?
top_rank.jpg

<No.1>
Twitterのツイートをまとめよう。トゥギャッター使用ぜ!な使い方説明書
トゥギャッターの使い方の記事が1位でした。「トゥギャッター 使い方」で検索して来る方が多かったです。
本サイトにヘルプがなかったので作ってみたら皆さんのお役に立てたようです。
特に「非公開」と「デコレーション」について知りたい方が多かったみたいです。
※現在はより新しいバージョンに対応した記事を書いていますのでこちら↓をご参照ください。
トゥギャッター(Togetter)の使い方説明書 まとめ方チュートリアル

<No.2>
リア友ゼロからTwitterを始めた私が1000人からフォローされるまでの道のり
<No.3>
友だち少ない系の私が500人とtwitterを楽しめるようになった道のり
2009年秋の記事なのですがランクイン。ツイッターは本当に今年ブレイクしましたね。
有名人じゃなくても気軽に楽しめるということを伝えたくて書いた記事でしたが多くの人に読まれました。

<No.4>
ツイッターをもっと楽しむPDF資料を配布します(登録不要)
3月に作ったツイッターの実用系記事です。PDFでプリントアウトも可能なチラシ形式にしたら、見やすくて好評だったみたいです。内容は既にちょっと古くなっています…。

<No.5>
Microsoft Officeのそっくりさんな激安オフィスソフトKingsoft Officeがおすすめです
約3,000円で買えるキングソフトオフィスの紹介をしました。マイクロソフトオフィスは高いですからね。
無料で使えるOpenOfficeは操作体系を覚えなおさなくてはいけないし、これなら覚えること要らずで移行できます。私も家庭PCで使っており重宝しています。

<No.6>
Twitter活用法Shareの会でうめけん君とお会いしました
勉強会でツイッター活用法について10分ほどのお話をさせていただきました。その時のパワーポイントを見ることができます。
でも、皆さんは「うめけん」で検索して来るみたいです。スーパー高校生うめけん君は、もうすっかり有名人ですからね。

<No.7>
スバツイ2登壇全内容:Twitterで変わったワタシ
これも2009年の記事ですがツイッターネタなので人気があった模様です。私の生活すら変えてしまったツイッターとは?!

<No.8>
しゅうまい君としゅうまいの区別について
ネタ記事なのですが、アクセスをよく集めたようです。私がツイッターの人気BOTしゅうまい君とよく間違えられるので、ちょっと説明してみました。
ちなみに、私のニックネーム「しゅうまい」は学生時代に友達が付けたリアルニックネームなのです。しゅうまい歴は10年以上ですから!

<No.9>
雑誌の未来形は?電子雑誌実証実験parara(パララ)のモニター感想
今年は電子書籍や電子雑誌に注目が集まった年でもあります。私が当選したモニターについて感想をアップしています。でも、ハッキリ言って使いづらかった。誰のためのシステムか?を考えて欲しいですね。

<No.10>
Facebookってどうよ?
今年の後半からフェイスブックにも多くの関心が寄せられました。実際に一個人が使ってみての感想という記事があまり多数無かったことからアクセスを呼んだようです。
もう内容が若干古いので更新版の記事も書いています。以下の記事です。
Facebookってどうよ?2010年12月版

<番外>12月の記事なのでトータルのアクセス数集計では低いですが勢いのあった記事です
実録!ツイッターでお小遣い稼ぎはどれくらいできるのか?
「お小遣い稼ぎ」に反応が集まりました。実際のクリック単価なども公開しています。
ヤフオクとAmazonマーケットプレイスの比較と感想
ヤフオクより意外と知られていないAmazonマーケットプレイスを使ってみての比較記事です。

以上、Google Analyticsの集計よりアクセス数ランキングでした。
来年もどうぞこのブログをよろしくお願いします。

更新はあまりマメではないのでRSSリーダーに登録していただければ幸いです。
ツイッターでも更新情報はツイートしていますので@shumaiをフォロー下さい。
下の各種いいね!ボタンは押して帰って下さいね〜。



@shumaiをフォローするツイッターでコメントする


posted by しゅうまい at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

まだ手元にあるハイウェイカードの残額を無料で全額換金する方法(捨てないで!)

年末の片付けをしていたら使い途中のハイウェイカードが2枚、計4,000円くらい分のが出て来ました。
調べたら無料で換金して口座に振り込んでくれるとのことで、さっそく入金してもらいました。
しかも、カード送付時の書留の送料も受取人払いです。こちらが負担するコストはほぼゼロです。
以下がその方法です。

1)ハイウェイカード払戻申込書のPDFをダウンロードする
http://www.driveplaza.com/highway_card/pdf/highway_card_moshikomi.pdf

2)ハイウェイカード払戻申込書を印刷して、必要事項を記入する(振込先の口座番号が必要です)

3)書留で料金受取人払いにする宛名ラベルをダウンロードして印刷する
http://www.driveplaza.com/highway_card/pdf/uketori-hyoji.pdf

4)↑で印刷した宛名ラベルを封筒に貼り付ける。

5)ハイウェイカードと記入済みのハイウェイカード払戻申込書を同封し、郵便局の窓口から書き留めで送る。(ポスト投函はダメです)
highwaycard1.png

6)3週間程度で、入金の通知書と口座に入金がされたら無事に完了です。
highwaycard2.png

公式ページ 払戻しお申込方法について | ハイウェイカードの廃止・払戻しについて | ドラぷら

ハイウェイカードは向こうの都合で廃止になったわけで、換金の費用は全部あちら持ちなんですよね。
もし掃除中に出て来たら捨てないでくださいね。

【追記】
「ハイウェイカードの残数の払戻しにつきましては、平成28年3月31日(木)(当日消印有効)をもって終了させていただきます。」とのことです。
払い戻しはお早めにどうぞ。



@shumaiをフォローするツイッターでコメントする
posted by しゅうまい at 12:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | ライフハックもどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

つぶやけば、そこから幸運やってくる

ツイッター、フェイスブック、ブログをやっていて今年一年で得たものを振り返ってみました。
私の「ソーシャルラッキー」はこんな感じ。(単なる自慢も含んでいます。)

1月
週刊ダイヤモンド1/23号ツイッター特集に見開き2ページカラーで「フツーのOLが2000人とつながった」例として掲載。
年初から驚天動地でした。私が紙媒体に載るなんて10年に1回のことなので…。(90年代にパソコン自作女子としてPC雑誌に載ったことは有り)
当初2,000人のフォロワーが1週間で3,500人になって紙媒体の威力を思い知りました。しゅうまいバブル。

2月
すし処さいしょのツイ割りキャンペーン(1フォロワー1円割引)で4,000円引きくらいしていただきました。容赦なくてすいません。美味しかったです。
デジタル雑誌パララの体験モニターに当選。無料で雑誌が読めました。でも操作性はイマイチでした…。後で500円のクオカードもらいました。

3月
私が何故かツイッターの初心者セミナー講師に!手作りのおまけチラシはブログでも公開し人気を集めました。
サブウェイの公式アカウントよりローストビーフ+わさび醤油の組み合わせを教えてもらう。美味しかった!
花粉症の話題でクリスタルヴェールと出会う。魔法の花粉ガードでした。
「ドクター苫米地が教えるフリー経済の真実」の電子書籍が先着1,000名無料なのをゲット。
「クラウド時代と〈クール革命〉」の電子書籍を無料で読書(期間限定)。

4月
「電子書籍の衝撃」の電子書籍を115円キャンペーンでゲット。
iPad発売日にいち早くiPadに触れるイベントに参加。
ツイッターの題材にしたテレビドラマで盛り上がった。私が北川悦吏子さんのブログにコメントしたが掲載却下された件のツイートがFav&RT爆発。
UST番組ツイトーークに出演させていただいた。トーク番組なんて初めてです。
「小さな会社がNO.1になれるコア・ブランド戦略」出版記念PDF無料全文公開をゲット。
ツイッター活用法Shareの会という勉強会で私の事例を10分ほどご紹介。

5月
マニアックなゲームソフト(プレイやん)を譲る相手を募集したらなんと応募有り。捨てずに済みました。
書籍「就職しない生き方」毎週変わる全部の章をPDFでコンプリート。
クチコミで知った「破滅ラウンジ」を観てきた。アート好きにはたまらん。
土間土間のツイッターキャンペーンで女子会に参加。シャンパン(モエ)付きコース。
Ustreamスタートブック(PDF)をゲット。

6月
コツコツとDropboxをおすすめしてたら、referralsが累計20件以上に。容量たくさんいただきました。
書籍「ツイッター 超速★仕事術」に自分が応募したツイッターのコツが掲載。
フォレスト出版の電子書籍全文無料キャンペーンで何冊かゲット。
iPhone4発売祭りを楽しむ。

7月
クーポン系サイトのオープニングキャンペーンで300円でiTunesカード1,500円分をゲット。
クーポン系サイトのRTキャンペーンで3,000円のアマゾンギフト券当選。
TLの皆さんからクラブニンテンドーのシリアル番号の余っているのをいただく。クラニンでTシャツゲット。

8月
7つの習慣のオンライン無料版を読破。でも書籍でも読みたいな。
書籍「つぶやき進化論」Facebookキャンペーンで当選。

11月
クーポン系サイトのオープニングキャンペーンでクオカード1,000円を100円でゲット。

12月
映画トロン:レガシーの劇場鑑賞券に当選。
ヤフーモバゲーのキャンペーンツイートでなんと10万ポイントが当選。一生分の運を使い果たしてないか心配です…。

うーん、これだけたくさんの幸運に巡り合えてたなんて、2010年は何て良い年だったのでしょう。
来年もラッキーに目いっぱい巡り会えますように!



@shumaiをフォローするツイッターでコメントする
posted by しゅうまい at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

実録!ツイッターでお小遣い稼ぎはどれくらいできるのか?

ちょこちょことポイントを貯めるのが大好きな私は、以前よりブログにアフィリエイトリンクを貼るなどして、雀の涙ほどのポイントを集めていました。無名ブログなもので、はっきり言って全然儲かりません!

では、ツイッターではどうでしょうか。
結論から言うと、ちょっと儲かりました。嬉しいお小遣い程度です。

●私のブログとツイッターの違い
私のブログとツイッターの何が違うかと言いますと、ブログは1日のアクセス数(PV)は3桁程度ですが、ツイッターはフォロワーが5,000人います。
じゃあフォロワーを増やせば儲かるのかというとそうではないと思います。ツイッターではイベント等でお会いしたことのある顔見知り層が結構います。
そのため、クリック率がブログと比べると高いと感じます。

●私の典型的な商品紹介ツイート

私のお片付けの教典です!ものを捨てられるようになりました。 → カレン・キングストンの 「ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門」 http://amzn.to/bfCdTcThu Dec 16 11:02:41 via web



このように、人に紹介してプラスになるような情報と共に、自分の感想も一緒にツイートしています。
このお片付け本の紹介の前後のツイートは、自分のお片付け感やコツについて延々と述べていました。その最中に、これはあの本を紹介した方がいいなと思ったのでツイートしたものです。
決して押し売りではなく、商品紹介は一日に多くても3回くらいだけにとどめています。

会話の流れを見たい方はこちらをどうぞ:


●私のツイッターお小遣い稼ぎサイト一覧
★Amazonアフィリエイト … 言わずと知れたアマゾンです。
★楽天アフィリエイト … 楽天市場の各商品からもツイートできるようになっています。
★Tweepie … 広告ツイートのTweepieです。自分で紹介文句を考える必要があります。
★つあど … こちらも広告ツイートです。オファー金額は自分で決めることができます。

●Amazonアフィリエイト
Amazonの各書籍や商品のページから上のバーに表示されている「Twitterで共有」をクリックすると、商品リンクと商品名がツイッターの入力欄に準備された状態で表示されます。そこからコメントを追加したり、内容を整えて投稿ボタンを押すだけです。紹介料は私は3.5%ですが紹介数によってレートは上昇します。1,500円以上貯まるとAmazonギフト券として還元。
twad_amazon.png

●楽天アフィリエイト ※初心者におすすめ
楽天市場の各商品のページにある「Twitterでつぶやく」ボタンを押すと商品リンクと商品名の入った投稿欄が表れるので、内容を整えて「つぶやく」ボタンを押すだけです。紹介料はショップによって異なりますが1%のものも多いです。楽天ポイントで1ポイントから還元されるので最も敷居が低いトライしやすいサービスです。100円でもゲットできれば嬉しいですよね。
twad_rakuten.png

●Tweepie ※フォロワーの多い人におすすめ Tweepieはこの記事の更新後に、報酬の「見直し」により獲得ポイントが4分の1程度に下がりましたので今はおすすめしません。
メールで案件の紹介が来るので、ログインしてマイページから投稿の文言を考えて「ツイート」ボタンを押し、確認画面で再度「ツイート」ボタンを押すと投稿されます。報酬はシステム側のロジックでユーザー個別に指定されます。私の場合は1ツイートあたり453ポイントになっています。オファーはつあどよりたくさん来ますが、早い者勝ちで1時間もしないうちに締め切りになる場合もあります。5,000ポイント以上で銀行口座に入金可能。
twad_tweepie.png

●つあど
メールとツイッターのダイレクトメッセージで案件の紹介が来るので、ログインして「広告主からのオファー一覧」画面にて案件を確認し、広告文を申請します。リアルタイムでツイートはされずに広告主が承認したら配信されます。報酬は自分で設定できます。私は最初500円→1,000円に設定し、今までに5回オファーあり。残高5,000円以上で銀行口座に入金可能。
twad_tsuad.png

●クリック当たりいくら得られるか?
Amazonと楽天はブログからの流入もあるので正確なところ分かりませんので、つぶやき広告の比較だけ。
Tweepie ある案件の一例:クリック数23人の時に報酬が453円なので、1クリック当たり単価(CPC)は19.6円
つあど ダッシュボードの統計:過去30日で15クリック、CPCは67円
これだけ見るとつあどが有利ですが、金額を高くしているためか元々広告主の数が違うのか、オファーの件数はTweepieの方が多いです。
Tweepieの方は、もう支払い可能なまで溜まりました。

これらのサービスを使ってどう儲けるかは人それぞれですが、「ウッフィー」を失うような方法だけは止めた方が良いでしょうね。「これをツイートすると読者のうち少なくとも何名かは新しい情報として喜んでくれる」という思いを持ってツイートするのが吉と思います。

ソーシャルメディア、ウッフィーという概念、ギフト経済についてこの本で理解を高められます




@shumaiをフォローするツイッターでコメントする
タグ:twitter
posted by しゅうまい at 08:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

Facebookヘビーユーザー向けフィード振り分け拡張「Better Facebook」を使おう

Facebookでニュースフィードがごちゃごちゃして困る!というヘビーユーザー向けに良いブラウザ拡張があります。
特にゲームをしていてゲームからのお知らせフィードが多い人に朗報です。
また、位置情報の通知は分けたいという場合にも使えます。

「Better Facebook」のページにアクセスすると、各ブラウザのアイコンがありますので、そちらをクリックするとインストールが始まります。
ブラウザから、導入許可を求められると思いますが許可してください。
リンクここから→ Better Facebook! Tabbed News Feed, Advanced Feed Filters, Comment Tracking, Expand Similar Posts, and More!

betterfacebook_top.png

導入後のニュースフィードですが、青いタブが出て来てフィードが振り分けられるようになっています。
私の場合は、Home44件に対してFarmVilleというゲームだけで42件もありましたから、普段はゲームのフィードにすっかり溺れてしまっているわけです。

betterfacebook_feed.png

このBetter Facebookは、このほかにも設定できる項目がめちゃめちゃ多い万能ツールです。
まずは導入して「Option」画面を見てみましょう!
デフォルトの設定に入っていないアプリケーションのタブ振り分けを設定することも出来ます。
うまく活用して、フェイスブックを活用し倒しましょう!!




@shumaiをフォローするツイッターでコメントする
タグ:Facebook
posted by しゅうまい at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | Facebookのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

ヤフオクとAmazonマーケットプレイスの比較と感想

年末の不要品ざらえで何点も中古の本を売りました。その際にAmazonマーケットプレイスがなかなか良かったので、ヤフオクと比べてみます。
◆印は参考URLです。

amazon_vs_yahoo.png

●とにかく出品が楽
ヤフオクでは写真を撮って掲載しないといけませんが、Amazonではその本の販売ページに行って「マーケットプレイスに出品する」を押すだけです。
本のように同じISBN番号の物は同じ物であるというような商品はマーケットプレイスの方が断然楽です。
本の状態については、コンディション(中古-良し etc)の設定と文字による説明(帯付き。ページ折れ書き込みなし。etc)を付けます。
値段も入力欄の上に現在の最低価格が表示されているので、それを参考にすぐに入力でき、相場を調べる手間も省けます。
Amazon.co.jp ヘルプ: はじめての出品ガイド

●最初の1回目のこと
マーケットプレイスは最初の1回だけ出品用アカウントの設定が必要です。お店の名前や入金用銀行口座の登録などをします。また、電話によるPIN認証があるので、自動電話システムに架けます。認証が完了するとすぐにメールが来て、出品アカウント準備が完了します。
登録料は要りません。月に50冊以上出すような大口の場合はプロマーチャントという有料コースもありますが、普通の個人には必要ないでしょう。

●出品手数料がかからない
売れるかどうか分からないものの出品でもヤフオクは10円かかります(月10個までは無料で11個以降が1個10円)。出品を目立たせるためのオプションも使うとお金がかかります(「注目のオークション」への掲載1日10円など)。また、ヤフープレミアム会員への登録が必須なので月額346円が必要です。
一方、Amazonは月会費無し、出品料は無料ですので、売れるか不明なマイナーな本も気軽に登録できます。
私の場合はマイナーな技術書で定価3,500円くらいするものが2,600円くらいで売れました。
Yahoo!オークション ヘルプ - システム利用料(出品の利用料)

●落札時手数料は高い
書籍の場合、1件当たりカテゴリー成約料60円プラス15%の手数料を取られます。ヤフオク(5.25%)より高いです。これが一番のネックです。私はシステム利用料と考えていますが…。
Amazon.co.jp ヘルプ: 手数料と価格設定

●もらえる送料が固定
送料が本は固定で250円。これが落札金額にプラスして落札者に請求されます。
そのため、ゆうメールで送る場合250gを超える重い本の場合は足が出る可能性があります。
逆に、メール便80円(厚さ1cm以内)、160円(厚さ2cm以内)で送れる本の場合は250円との差額を得することができます。よく中古の本で1円というのがありますが、この送料目当てのもので、薄く軽い本であることが多いです。
ゆうメール ご利用方法・運賃 - 日本郵便
クロネコメール便|ヤマト運輸

●送り状と宛先が1クリックで表示できる
注文が入ると、一覧からボタンの1クリックで送り状のページが表示され、そのまま印刷することができます。上部は宛先の住所と落札者の氏名が印刷されているので、そのまま切り取って封筒に貼る宛名ラベルにすることができます。このあたりのオペレーションの楽さ加減はヤフオクと比較すると段違いです。
私は宛先を切り取るためにスライドカッターを買いました。定規とカッターを用意して、下に切れない物を敷いて、という手間から解放されます。歯の切り替えで波線や切り取り線もつけられるのはこちら。




●落札者との落札後の銀行口座のやりとりが不要
これは大きいと思いますが、落札後のやりとりが不要です。落札者からのお金はAmazonに支払われ、Amazonから自分の銀行口座に支払われるからです。
そのため、通常なら、商品を発送した後で、専用の画面から追跡番号や発送業者の入力・送信をするだけです。
つまり、注文のメールが来たら、即時に出荷することが可能です。
Amazon.co.jp ヘルプ: 決済・入金

●落札者からの評価がつきにくい
ヤフオクは取引ナビでのやりとりがあるので、流れで評価も依頼しやすく、相手も入力してくれることが多いです。しかし、マーケットプレイスでは落札者との接点が少なく楽ちんな分だけ、相手からの評価は押してもらいづらいです。

●出品後は逆オークション
出品一覧では自分の出品が最低価格かどうかを常にウォッチします。競合他店も値段を下げて来ますので、応戦して下げないと、自分の商品が載っている場所がどんどん下がってしまいます(コンディションに自信がある等の場合はつられて下げなくても良いかも知れません)。毎日1回は価格のチェックをした方が良いです。

●こういう人に向いています
もう読まない本、特に出版からの期間があまり空いていない新しい本(高く売れる)がたくさんある人。
マイナーな専門書で値段が高い物を出したい人。
ヤフオクでの出品手続きや落札時のやりとりが面倒で懲りた人。

●注意
いわゆる「せどり」行為(自分で読まない本をブックオフなどで安く仕入れて売る商売)は古物商許可が必要となります。自分で読んだ本を売るだけの場合は要りません。
年間の利益が20万円(給与所得者の場合)を超えると確定申告と納税が必要になります。

Amazonは本を買うだけでなく、売る側としても使えるサービスです。
うまく使って、不要品は捨てずに誰かに渡るようにしましょう。

●それでも売れない場合は…
書籍はAmazonで売れなかったらおそらくヤフオクでも売れないと思います。「譲る」という選択肢を選ぶのも良いでしょう。
私は「Livlis [リブリス] - Twitterでほしい&あげる -」というサイトでもらってくれる人を探しました。ツイッターと連動しており、今のところ招待制です。
先方に送料を負担してもらう着払いをするなら本かCD/DVDならゆうメールの着払い(手数料:送料プラス20円)が安くて便利です。






@shumaiをフォローするツイッターでコメントする
posted by しゅうまい at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフハックもどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

Facebookってどうよ?2010年12月版

6月に書いた記事「Facebookってどうよ?」が、一部古くなっているので、改めて私から見た今のFacebookについて書いてみます。

s-facebook_titleshumai.jpg

●日本でもプチブレイク
10月にIT系ブロガー界隈でのプチブレイクがありまして、以降、人が増えました。
様子見だけかな?と思いきや、結構アクティブに書き込みする方が多かったです。あと、無限に「いいね!」ボタンを押す人もいて、左下の更新通知欄が爆発することもあります。
私は参加できませんでしたが「Facebook忘年会」も開かれ、大変に盛り上がったみたいです。
これってツイッターの初期の頃に似ていると思います。新しい仕組みに興味があって使ってみようと思う積極的な人たちの層って、面白い人たちが多くて、更に人を連れてくるんですよね。

●グループ機能が一新(10月)
以前はわざわざグループまで見に行かないと更新をチェックできなかったのが、左側のアイコン一列に更新件数が出てくるようになったので、使いやすくなりました。ファンページの方が注目されがちですが、少人数で気軽なコミュニケーションの場を用意するなら新グループでも充分と思います。
私はまだ使ったことありませんが、グループチャットも用意されているので、リアルタイムコミュニケーションもできるようです。
あと、ドキュメントの共有ができるようになりました。私は最初に読んで欲しいグループの説明文を作って掲示しています。
グループには「公開」「非公開」「秘密」の3種類があります。秘密グループでイベントの写真の共有といった使い方もできそうです。
旧グループがあまり盛り上がらなかった方は、新グループへの移行を検討すると良いかもしれません。(新しく作ることになります)

●プロフィールページの刷新(12月)
あまり気に入ってないのですが、プロフィールページのデザインが変わってしまいました。自分で記入する自己紹介欄が下の方に行ってしまい、代わりに自分にタグ付けされた最新の写真がトップに表示されるようになっています。

●ダウンロード機能が付いた
今までせっせとアップロードした写真や、ウォールの投稿、メッセージを一括ダウンロードできるようになりました。
「アカウント」→「アカウント設定」→「Facebookデータをダウンロード」の右の「詳しくはこちら」をクリック。
バックアップ大事ですからね。
※今のところ日本語のファイル名になるところが文字化けするので完全ではありません。

●リアル?バーチャル?ソーシャル関係
ネットでちょっと議論にもなった、ソーシャルネットでの関係がリアルかバーチャルかという話題。私のFacebookの使い方では、めちゃくちゃ混在してます。
というのも、ツイッターで知り合ってイベント等でお会いしたリアルな関係の人と、FarmVilleなどのソーシャルゲームを通じて仲良くしているバーチャル(ってあまり言いたくない、会ってないだけでもう仲良しなんだから)な関係の人たちが分け隔て無く一緒にいるからです。
もう区別とか面倒です。一応リストは作ってますが。

●Zyngaがウノウを買収、mixi向けに「ファームビレッジ」をリリース
Facebookそのものではありませんが、気になる動きとして、ソーシャルゲーム大手のジンガがFarmVilleの日本語版をmixiでリリースしました。

●しつこく実名にこだわるFacebook
実名じゃないアカウントの停止措置などを行っているようです。私のゲーム友達も名前にハイフンを入れて目立つようにしていた(目立つとGiftを贈ってもらいやすい)のを止めてしまいました。
歌手の広瀬香美さんも本名ではなく芸名なので自分のことを心配されていたようです。
でも、漢字の名前とかどうやってニセモノって判断するんでしょうね。

●個人作成のFacebookアプリの増加
プログラマーやエンジニアの方たちが自作でFacebookアプリを作られています。ツイッターの外部サイトのように、これから盛り上がると思います。
私が見つけたものを、NAVERまとめに掲載しています。
個人作成のFacebookアプリ - NAVER まとめ

●来年はどうよ?
来年は日本人の間でもある程度はFacebookが浸透すると思います。ただ、実名性など使いたくない人も多いと思うので、相変わらずmixiでのお付き合いも必要となるでしょう。表玄関がFacebook、お勝手口がmixiみたいな使い分けが進むのではないでしょうか。何でも1つだけに絞るって難しいですからねぇ。

●私は何してる?
すいません。街づくりゲームのCityVilleにハマってます。無駄にレベル高いです。シムシティとかやったこと無いから、楽しくて…。

●私のデータ
友達359人、リスト13個。自分で作ったグループの参加人数は46人。こんな感じの人からの発言でした。
あ、FarmVilleのご近所さんは82人です…。

前回の記事から半年のことですが、色々と変化はありました。
といっても、フレンド承認ポリシーなどの基本のことは変わらないので、「Facebookってどうよ?」も未読の方はご一読くださいね。







@shumaiをフォローするツイッターでコメントする
タグ:Facebook
posted by しゅうまい at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Facebookのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

mixiのアクティビティ機能をOFFって停止させる方法

「12月3日(金)より休止しておりました「友人の最近の動き(アクティビティ)」を12月13日(月)よりリリースいたします。」と発表がありました。

アクティビティ機能とは、どのコミュニティに入ったか、誰と友達になったか、というmixi上での行動をマイミクにオープンにする機能のことです。
自分の行いをフルオープンにして大丈夫な方はそのままでも良いのですが、いちいち友達に知らされたらたまらないという方は設定から無効にした方が良いでしょう。

アクティビティ機能によるマイナス面の例はこのような場合です。
「アクティビティ機能が始まった直後、そうとは知らずにバストアップのコミュに入りまくって図らずしもマイミクに貧乳アピールしてしまった残念な子は私だけでいいヽ(*`д´)ノ 」
”アクティビティ機能やめて”コミュニティより転載

設定をOFFにすると、逆にマイミクのアクティビティも見られなくなります。

それでは、設定の仕方です。

1)メニューバーの「設定変更」をクリック
mixiaddr01.png

2)「プライバシー設定」カテゴリから「アクティビティの設定」をクリック
mixiact1.png

3)「アクティビティの設定」を「利用しない」に選択しなおす
mixiact2.png

4)「入力内容を確認する」ボタンをクリック
mixiact3.png

5)「以下の内容に変更します。よろしいですか?」と表示されたら「変更する」ボタンをクリック
mixiact4.png

6) これで完了です。
mixiact5.png




@shumaiをフォローするツイッターでコメントする
タグ:mixi
posted by しゅうまい at 16:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

mixiアカウントをメアドから検索できなくする設定方法

【追記】12月2日現在、メールアドレスからの検索はできなくなっています。
「11月30日(火)に仕様変更をおこないました「メールアドレスでマイミク登録」機能ですが、ユーザーの皆様がご利用しやすいよう一部機能の見直しをおこなうため、変更前の仕様に一旦、戻させていただきました。 」
とのことです。

==============
mixiがメールアドレスでアカウントを他の人から検索できるようになってしまいました。
検索されないように無効化する設定は一見分かりづらいところにあります。

以下の手順でメアドだけ教えてしまった人からmixiのアカウントを隠すことができます。
今のところ初期設定は検索を「許可する」になっているので、変えない限り検索されてしまいます。
趣味全開のアカウントを職場・学校の人に見つかるのはヤダ!という方は検索されないようにしましょう。
※「既にマイミクシィの場合は除く」とありますので既存のマイミクからは検索できるようです。

1)メニューバーの「設定変更」をクリック
mixiaddr01.png

2)「プライバシー設定」カテゴリから「プロフィール検索」をクリック
mixiaddr02.png

3)「友達のメールアドレスから探す」を「許可しない」に選択しなおす
mixiaddr03.png

4)「入力内容を確認する」ボタンをクリック
mixiaddr04.png

5)「以下の内容に変更します。よろしいですか?」と表示されたら「変更する」ボタンをクリック
mixiaddr05.png

これで完了です。




@shumaiをフォローするツイッターでコメントする
posted by しゅうまい at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

Make:Tokyo Meeting 06に行ってきた #MTM06

MTM06 (Make: Tokyo Meeting 06)に行って来ました。
去年の04に行って以来の2回目ですが、とても楽しかったです。

明日の2010年11月21日も開催されるので、興味を持った方に足を運んで欲しくて動画を作りました。
電子工作か手芸が好きな方はお見逃し無く。



大きなサイズで再生はこちらから → YouTube - Make:Tokyo Meeting 06
(うっかりiPhoneを縦持ちで撮ったため、細長くなっています)

動画を短くするために1つ1秒くらいにしているのですが、じっくり会場を見て回ると5時間くらいかかるのではないでしょうか。
2日目は10時からなので、午前中から行った方が良いと思います。



@shumaiをフォローするツイッターでコメントする
posted by しゅうまい at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。